• 住宅総合保険は専用住宅および収容家財を対象とする保険です。
  • 店舗総合保険は店舗、事務所、併用住宅の建物および収容動産を対象とする保険です。
住宅総合保険

火災損害のほか落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災、物体の落下・飛来・衝突、水ぬれ、盗難、水災による損害に対し保険金をお支払します。
また、臨時費用保険金、残存物取片付け費用保険金、失火見舞費用保険金、損害防止費用保険金、地震火災費用保険金等をお支払する総合保険です。
さらに個人賠償責任補償特約、借家人賠償責任特約、修理費用補償特約、破損・汚損損害等補償特約を追加で付帯することで、補償内容をより充実させることができます。

店舗総合保険

火災損害のほか、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災、物体の落下・飛来・衝突、水ぬれ、盗難、水災による損害に対し保険金をお支払します。
また、臨時費用保険金、残存物取片付け費用保険金、失火見舞費用保険金、損害防止費用保険金、地震火災費用保険金等をお支払する総合保険です。
さらに店舗賠償責任補償特約、借家人賠償責任特約、修理費用補償特約等補償特約を追加で付帯することで、補償内容をより充実させることができます。

火災保険では補償しない地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没、流出によって全損、半損または一部損となった場合に保険金をお支払します。
地震保険は単独では契約できず、必ず上記の住宅総合保険や店舗総合保険(主契約)と同時に契約しなければなりません。
また地震保険の対象は居住の用に供する建物および家財に限定されております。
保険金額は主契約の保険金額の30%~50%の範囲内と定められ、建物5,000万
円、家財1,000万円が限度となります。

【ご注意】
このページは保険の概要を説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または当社にお問い合わせください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。
お問い合わせはこちら

お問い合わせ